Profile

​ハシモトケイシ 橋本恵史
 

1985年1月2日生まれ。大阪府寝屋川市出身。
3人の兄を持つ四人兄弟の末っ子。B型。
中学生の頃より競馬の騎手を目指すが、最終試験で脱落。
高校時代はラグビーに明け暮れ、その後なんとなく音楽大学に進学。
劇団四季の一般オーディションに合格するも、
スケジュールの都合で辞退。

大阪音楽大学音楽学部声楽学科卒業。

大阪音楽大学大学院歌曲研究室修了。
在学中に関西歌劇団、オペラ『道化師』ペッペ役でデビュー。
その後渡独し、ハンブルグ音楽院を最高点で修了。
『魔笛』タミーノ役は国内外において30公演以上を数える他、
多数のオペラにおいて主役から脇役までを演唱する。
またミュージカルの分野においても出演が多く、オペラ・歌曲・宗教曲・ミュージカルと、分野を問わず国内外で活躍している。
2010年度ハンブルク音楽院マイスターゼンガーコンクール第一位。様々なキャラクターを演じ分け、主役から脇役、更には女役まで
歌いこなしてしまう貴重なテノールである。
特にドイツ歌曲を専門とし、オリジナルの解釈による自作の音楽劇を上演。過去二度の音楽劇リサイタル 『死に取り憑かれた男』
『薔薇のリボン』は、どちらもセンセーショナルな成功を収めている。
2017年に落語家 六代 桂文枝に弟子入り。

歌曲亭文十弁(ぶんとうべん)としても活躍の場を広げる。
舞台演出の仕事も多く、オペラ・ミュージカル・ダンス作品の演出、
新作オペラの台本制作など、
その才能は止まる所を知らない。
またドイツ留学中に、「世界の学校に音楽を」をスローガンに
World Music Project を立ち上げ、カンボジアを中心とした途上国の音楽教育の普及に尽力している。
2011年より、コンサート『橋本恵史のお愉しみ会』シリーズを開始。
クラシックの常識には捕らわれないスタイルで人気を博し、
チケットは毎回ソールドアウトを記録し続けている。

このコンサートで集められた資金は、NPO法人World Music Projectを
通し、すべてカンボジアの音楽教育発展のために充てられている。

 

  • Facebook Social Icon
  • Instagramの社会のアイコン
  • YouTube Social  Icon
  • Twitter Social Icon

© 2014 by KEISHI TENOR. All rights reserved.

​KEISHI official Homepage
World Music Project
​Fax: 072-833-3650